目次

 

会社概要

私たち”株式会社 エバーグリーン富士見”は、キュウリやトマト、ナスなどといった果菜※1を中心に、多種多様な野菜苗※2 を生産する会社です。
当社では、自動化が可能な工程には積極的に専用設備を導入して、作業の効率化と省力化を図り、接ぎ木等の機械では細かい作業ができない部分は手作業で行います。

このような、「機械作業と手作業の融合」と「先端技術と古典的な手法の融合」を取り入れることによって、お客様からの大量のご注文にも対応できるだけでなく、社員の負担も軽減させています。
生産した苗は主に東日本を中心とした種苗店やホームセンター等へ納品しています。
また、平成30年に「有限会社 竹内園芸」から分社し、よりお客様に満足していただける苗づくりを目指して日々励んでおります。
※1:果菜…果実を食用とする野菜のことです。 ※2:野菜苗以外に花苗も一部生産しています。

会社情報

  • 社名      株式会社 エバーグリーン富士見
  • 代表者   竹内 勝
  • 所在地   〒371-0105 群馬県前橋市富士見町石井78-14
  • 電話番号 TEL:027-260-5070      
  • 資本金   1000万円
  • 設立      平成19年
  • 従業員数  48名(平成30年10月現在)

沿革

昭和47年 西瓜接ぎ木苗 生産開始

昭和57年 有限会社 竹内園芸を設立(徳島県本社)

平成元年 10,300㎡の規模まで拡大

平成2年  日本農業賞 優秀賞受賞

平成6年  タキイ種苗(株)と合併で(有)テイエス・ナーサリ
              四国を設立

平成7年 徳島新聞社 産業賞受賞

平成8年 農業組合法人徳島野菜苗育苗組合(2.5ha)を設立

平成13年 (株)四季彩 応神店をオープン

平成15年 (株)四季彩 石井店をオープン
      (有)徳島シードリングを設立(0.75a)

平成19年 群馬農場(群馬県前橋市)設立試験栽培開始

平成20年 群馬第1農場完成(1.8ha)

平成22年 群馬第2農場完成(1.5ha)

平成24年 上板第1・第2農場(徳島県上板町)(1.2ha)稼働
     竹内企画を設立

平成25年 上板第3農場完成(0.7ha)

平成27年 阿波食ミュージアム(産直市と食堂を併設)をオープン
      熊本第1・第2農場(熊本県菊池郡)稼働
      阿波の苗協同組合を設立

平成28年 群馬第3農場完成(1.6ha)
     (農)徳島野菜苗育苗組合を(株)徳苗に組織変更

平成29年 新培土製造施設完成(2,200m2)
               (株)熊本野菜育苗センター設立
              「イオンモール徳島」に産直市を出店
               (株)阿波食設立
               農場を(株)熊本野菜育苗センターへ譲渡
               阿波食ミュージアムを(株)阿波食へ分割
               (株)九州野菜育苗センターを設立

平成30年 (有)竹内園芸から分社し(有)竹内園芸(群馬農場)から 
               (株)エバーグリーン富士見に社名変更   
      美馬市道の駅「みまの里」がオープン
               (
指定管理者として運営)
               (株)熊本野菜育苗センター第3農場完成
               (株)四季彩応神店が花みどり(株)として独立