農業には、1年の中で忙しい時期(=農繁期)と、そうでないヒマな時期(=農閑期)があります。

私たちの取り扱う野菜苗には当然ながら季節性があり、一般の製造業やサービス業のように年間通してだいたい同じ仕事量というわけにはいきません。

弊社の年間仕事量の変動は次のようになります。

このように、1年に2回(春と夏)の山があります。

◆春期(2月下旬~5月中旬)

年間で最も忙しく、全ての工程で多忙を極めます。
出荷最盛期を迎え、年間売上の6割強がこの時期に集中します。

担当する作業によって若干時期はズレますが、この時期は毎日2~3時間程度の残業があり、また1時間程度の早朝出勤をお願いする場合も多々あります。

休日(日曜日)の出荷も非常に多く、休日出勤をお願いする場合も多くなります。

あなたのお仕事がもっとも忙しく大変な時期です。

◆夏期(7月下旬~9月下旬)

出荷量としては春期よりも少ないですが、春期に次いで忙しい時期です。
春同様、残業や早朝出勤は、状況によって1~2時間程度お願いします。

またこの時期の職場(ハウス)は、日中40℃を超えることもあるので、休憩時間にかかわらず水分補給や適宜にクールダウンしながら作業をすすめていただくようになります。

また暑さのため苗の状態が不安定になりやすく、苗の品質にとても神経質になる時期です。

このように夏期は、春以上に健康面に気を配りながら仕事を進めていきます。

前のページに戻る