二次育苗(ウリ科)

ウリ科では、キュウリ、季節によってはスイカやメロン、カボチャ等のウリ科苗の生産管理をしています。
苗には家庭菜園向けと農業関係者向けがあります。
 
 

直挿し(ポット鉢上げ)

事前にポットの中心に穴を空け、接木された苗を直接土に挿していきます。これを「直挿し」と言います。
挿した苗から根が生えるまで、温度、湿度、日照や水やりなど苗の状態を見ながら管理していきます。
 
 

順化・生育管理

根が十分張り、出荷基準を満たす苗丈まで育てます。

拡げ

 

ナス科と同様に、苗同士の葉が重なり始めたら苗と苗の間隔を空けていきます。
拡げ作業をすることで苗が丈夫で伸び伸びと生育でき、質の良い苗ができます。

 

選別・出荷作業

出荷日を迎えた苗は、手作業で奇形苗や形の悪いもの等を除きながら選別し、出荷基準を満たす苗を出荷用トレーに詰めていきます。

 
 
 
 
 
 
 
前のページに戻る